五感を育む自然あそび塾 ~春・夏~

春 第1回 2017年4月14日

春の日差しがふりそそぐなか、中山駅から四季の森公園へ続くプロムナードで行いました。

 

森林インストラクターである高橋先生は、植物の知識が本当に豊富なので、ふだん通っている道で目にする植物の遊びを教わります。

自然あそび塾に通うと、見えるものが変わってくるんです。

 

松葉の緑と、オオイヌノフグリの青が鮮やかな飾り、子どもの手指を使えるあそびです。

今の時期にしかみられない植物もたくさんあります。

この日みつけたのは、アケビの花。これは蕾ですが、手鞠のようでかわいいです。

最近は、紐がむすべない小学生が増えているとか。

できない子どもにはどうやって教えるか、実際に小学生に教えている高橋先生の教わり方も学びました。

 

工作は、イヌツゲとマニキュアのペンダント。

洒落がきいていますね!