災害時に子どもを守ろう

2017年9月8日に開催しました。

「子ども目線」を意識し、子どもを守るための防災講座です。

アソシエの登録講師4名がいろいろな観点から防災への備えをお伝えしました。

 

 

※港北区「みんなの助成金」助成事業 

今回は10名の方に参加していただきました。

防災・減災の基本では、実際の被災地の写真をみながら、みなさん熱心にメモを取っていました。

レクリエーションでは、実際に手あそびをして、笑いながら体をほぐし、整理収納ではスマホで写真を撮りつつ熱心に聞き入り、ストールでは実際にストールを巻いて、参加者同士で意見交換されていました。

 

パッククッキングはその簡単さもありますが、意外においしくてビックリ、との声が多く聞こえました。

今回は、いわさき講師おすすめの乾物やサバ缶、常に冷蔵庫にありそうなキャベツなどを使いました。

試食といいつつ、気が付いたらお腹がいっぱいに。

講座後に、実際にご家庭でやってくださった方もいらして、ご主人のお酒のツマミに作ったら好評だったと言っていただきました。

参加者様から差し入れで、立派な巨峰もいただいてしまいました!

 

 

この講座は2回目ですが、前回も参加してくださった方から、「定期的に講座を受けることで、忘れそうになる防災意識が引きしまる」というご意見もいただき、次回も開催予定です。

 

<講座内容>

◆防災・減災の基本 講師:一政伸子(「3.11を想う会」代表)

◆ストレス軽減レクリエーション 講師:寺元美代(自然あそびインストラクター)

◆整理収納で「いつもの味」の備え方 講師:いわさき なおこ(整理収納アドバイザー)

◆スカーフの活用術 講師:谷川 みさえ(「布心」主催)

◆いざという時の食支度~パッククッキング~